マイコンやホームページなど勉強していきます。

僕と一緒にマイコンを勉強していきましょう。

M5STACK

M5STACK購入の話

更新日:

M5STACK参考書

またまた久しぶりです。

急に自分のプログラムを組みたくなりました。

因みに、会社での仕事は「ExcelでFTPサーバーにアクセスしてlogファイルをダウンロードする」です。winSCPのコマンドを使って簡単にアクセスできました。が、そこにたどり着くのが大変でした ^^;

プログラムは出来てしまえば、何でも簡単に思えてきます(違う場合もありますが...)

この前、NHKのサイエンスZEROで音声の20000Hzでスイッチングさせているとの放送があり、そんなことが出来るんだ!!

面白い!! データも送れるのではと思い色々方式を考えていました。

先週(2020/4/18)「音声を分析する」で検索していたら、「M5STACK」というキーワードが出来ていました。残念ながら今までこのキーワードが僕の検索でひっかかることはありませんでした。マイコン業界では当然の常識として認識されていると思いますが。なんせ、歳(世間ではおじいちゃんと言われる年齢)なので仕方ありません ^^;

ということで、早速Amazonで参考書を購入して、ネットでも色々調べて、Amazonで注文して、2020/4/23に到着しました。

M5STACK参考書

まだ詳細まで見ていません。

 

本体を購入したら必要になると思っています。

 

 

 

 

M5STACK本体

これが本体です、軽いです!!!!

Amazonからは封筒できましたがフワフワで軽かったです。

何か分からないアダプタがありますが、これは何なんでしょうか?

衝動買いだったので詳細は分かりません。とりあえず高いのを買っておこうという考えです。

こんなので何ができるんだ!!!

が、最初の感想です。

 

 

M5STACK起動

 

パワーボタンを押したら、LCD画面が出てきました。

何か出来そうな、予感が出てきました。

 

 

 

 

 

さ、連休中にプログラムを作ります。

最初は、内蔵しているマイクを使ってそれを周波数毎に表示します。サンプルはあるのでそこまでは直ぐにできそうです。

※M5STACKの価格はAmazonで調べてください。僕はバッテリー付きの高いのを買いました。

以上(2020/4/24)

 

 

 

 

-M5STACK
-

Copyright© 僕と一緒にマイコンを勉強していきましょう。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.