マイコン(RasPaii/arduino) ホームページなど勉強していきます。

僕と一緒にマイコンを勉強していきましょう。

リモコン

リモコンの修理(Panasonic)N2QAYB000919

投稿日:

リモコン

Panasonic製のブルーレイリモコンの特定のキーだけが効かなくなりました(爪を立てて押せば効く)。

効かなくなったリモコンコードをオシロスコープで調べて、ラズパイから出力させてみようかなぁ、と考えてしまいましたが「面倒!!!」という心の声が聞こえました。

※これはこれで面白そうなので、会社を辞めた後で別途挑戦したいと思います。

新しいリモコンを約2500円で買おうかと思いましたがその前に、技術者としては一度はリモコンを分解するしかありません。

同じリモコンではありませんがyoutubeでパンソニックのリモコンの分館方法を載せている方がいました。

分解はなかなか厄介のようです。

リモコン出力がある付近に、オープナーを入れるとカチッとする部分があって蓋を開けることができます。

※注意!!!!

オープナーを使うと、絶対に傷が付きます。本職であれば傷が付かない器具があると思います。なので新しいリモコンを買おうと思った方だけ挑戦して下さい。

丁寧に少しずつオープナーを使って蓋をあけていきます。たしか100円ショップでも売っていたような...アマゾンで買っても600円くらいです。

 

矢印の所から、オープナーを差し入れます。

リモコン

 

オープナーで開けるとこんな傷が付きます。買うよりましなので僕は挑戦しました!!

丁寧にリモコン上部からオープナーを差し入れて開けていきます。

 

写真3

開けてみると、接触不良の部分の導電ゴムが湿気っていました。

調べてみると、頻繁に使うキーだけが湿っていました(この湿りは水分では無いようです。これが原因であるのは間違いありません)。テッシュで両方(基板側と上から抑えるボタン側)を拭きました。汚れもこびり付いていたので僕はつばを付けて拭きました ^^;

僕が思うには、このリモコンは必ず壊れるようになっているのでは?? という疑問です。100〜1000回ボタンを押すと必ず効かなくなるのではと..

だったら、簡単に蓋を開けられるようにするのが会社としてのやり方ではないかと思います。もちろん部材を変えてくれるのが一番良いですが。

拭いたあとは、また逆方向から順次蓋を閉めて終了です。閉めるときは「パチパチ」と直ぐ終了します。

以上で修理終了です。リモコンに傷は付きますが僕は大満足です。どうせ新しく買ったリモコンもそのうち壊れると思います。

以上

 

 

 

 

-リモコン

Copyright© 僕と一緒にマイコンを勉強していきましょう。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.